拒食症などの心の病気を直す【心療内科で真心ケア】

新しい内科

仕事のストレスに押し潰されそうになっているならコチラをチェック。日々の生活の中で上手く解消することで健康を維持できます。

摂食障害でお悩みの人に朗報。拒食症の治療に特化したクリニックは、専門情報サイトを見ればいち早く見つけることができます。

心療内科のこれまでの歴史や変遷

心療内科の診療科目が標ぼうを認められたのは、1996年になります。1990年代から2000年代にかけて、東京などの大都市を中心に多数の心療内科の病院が開院しました。当時はバブル崩壊後の不景気もあり、リストラや長時間勤務で心の病気を患う人が急増しました。東京には会社が集中していますので、東京では特にうつ病の患者さんが増えました。2000年代になると、日本のほとんどの都市で心療内科の病院が開院しました。総合病院の中に心療内科の診療科目を開設するケースも増え、気軽にうつ病の治療が受けられるようになりました。現在も心療内科の病院は増えています。

うつ病の治療の今後の動向についての予測

日本では1990年代頃から、うつ病などの心の病気を患う人が急激に増えました。その背景としては、不景気による先行きに対する不安や、仕事や人間関係によるストレスの急増などがあげられます。現在の日本の社会構造はとても複雑化しており、以前と比べるとストレス過多の社会構造になっています。文明の進歩に人間の心が追いついていない状態が続いており、今後もうつ病の患者さんは増えることが予測されます。うつ病の治療は、心療内科や精神科などで医師による治療が受けられます。うつ病は適切な治療を受けると完治する病気です。心療内科や精神科では、薬物療法や精神療法によってうつ病の治療を行っています。東京には日本で最多の心療内科のクリニックがあります。医療水準は世界でもトップレベルを誇っており、今後も東京の心療内科は、治療技術がますます向上すると予測されます。